Timeline

アマゾンの中古市場

アマゾンは何でもそろっていますが、得な商品とそうでない商品のカテゴリがあるという印象です。

数年間毎月何かを購入している私ですが、ファッション関係の商品に関してはあまり安くないですね。
むしろ、定価に近い価格帯の時もありますので、楽天などと比べてから買わないといけません。

逆に安いなと思うものは、パソコン関連の商品、あとは中古品でしょうか。

特に、他社より安いアマゾンの中古といえば、書籍(古本)が有名ですよね。

私は漫画をよく買うのですが、全巻セットの価格は近所のリサイクルチェーンのコーナーの半額以下です。

本屋さんの場合、在庫処分のつもりで安い価格にしているのでしょうが、参入している業者さんがたくさんいますから、何十店もの本屋さんが中古投げ売りの商品をいくつか出せば、アマゾン全体ではかなりの商品数になります。

また、ちょっと変わっているものとしては、オーディオなど趣味の商品の中古アイテムです。

超高額のオーディオ機材の場合、マニアが売ってビギナーが安く買うという感じの市場がありますし、これも他社(といいますか路上店舗)のリサイクルストアで偶然商品を見つけるよりもお手軽です。

何せ検索すればアマゾン全体の中古品が一瞬で表示されるのですから。

静音パソコンを求めて

以前からパソコンの静音性に興味がありました。

私は基本的にパソコンショップのBTOでハイスペックなものが最もコスパがよいと考えているのですが、今までのパソコンはスペックを上げるほど消費電力が上がり、当然排熱も多くなります。

その熱を冷却する機能を強化する必要が出てきますので、それに比例してファンの音が酷くなると言った具合です。

特に2005年に購入したデュアルCPUのワークステーションは、高負荷動作になると冷却のための風切り音でケースがガタガタ震えるほどでした。

余りにうるさくて、冷却部分だけを高額なサードパーティーのパーツに変えて数万円を追加投入したことがあります。

現在の業務ではワークステーションは必要ありませんので、もっぱら静音の扱っているパソコンおすすめモデルをネットで探していました。

すると、完全なファンレスモデルがある事に気が付いたので驚きました。

SSDの導入とCPUの省電力化によって可能だとは聞いていましたが、自作PC世代の私にとってはかなり衝撃的です。

しかも、技術のあるショップの場合、アルミ削り出しのボディと冷却ノウハウによってIntel Core i7 搭載モデルのハイスペックゲーミングモデルでも無音化を実現していることがわかりました。

私の現在の業務では、そこまでのCPUもグラフィックボードも必要ありませんので、ずっとリーズナブルに無音のパソコンが買えるのだと思うと、選ぶのがとても楽しみになりました。

あと二か月半でダイエット!?

今は大分県に住む学生時代の友人とは定期的に連絡を取っていますが、SNSが出来てからはさらにそれが頻繁になりました。

私は昨年8キロのダイエットに成功して今は最も太っていた時から換算して10キロ減量をキープしています。

先日ランニングの写真をFBにアップロードしたところ、その友人からダイエットのアドバイスをしてほしいとメッセージがありました。

夏季休暇までに5キロ以上落とせないかという相談です。

しかし、私がここまで痩せるには1年半のカロリー制限と有酸素運動などの努力があったからで、あと2ヶ月ちょっとで5キロというのは経験上無理なのでは?というのが正直な印象でした。

そこで、昨今話題になっているパーソナルトレーニングの事を思い出し、もし本当に夏までにその目標を達成したいなら、トレーナー付きでかなり過酷なトレーニングをすることになると念を押しました。

ただ突き放すだけでは気の毒なので、大分 ダイエット でネット検索をして、短期集中トレーニングで口コミの評判の良いトレーニングジムを探してメッセージに添えました。

パートなるトレーニングは専門家に目標達成のメニューを組んでもらう事でそれなりの費用が掛かりますが、はっきり言って夏までに5キロ落とせるなら月10万円でも惜しくはないと思います。

しかも実際はそんなに高くありませんし、5キロってすごい重さですよ?2リットルのペットボトルを二つ持って、もう一つ荷物を持ってそのくらいでしょう。

それで毎日動いているのが、ダイエットに成功すれば無くなってしまうんですから、とんでもない肉体改造だと思います。

大きな斎場

親戚の葬儀で大阪に向かいました。

子供のころ以来、大阪の親戚に家には遊びに言っておりませんでしたが、地元で毎年顔を合わせており、つい今年の年始も元気そうだったので急な不幸に驚きました。

場所は大阪市立北斎場との事でしたが、仕事で梅田までは頻繁に訪れていましたのでそこから天六駅へ移動し下車、グーグルマップを見ながら少し歩くと大きな斎場の建物が見えました。

駐車場にはバスが2台と待っていましたが、それでもかなり余裕があるスペースです。
おそらく100台近く止まれる規模でしょう。

斎場の控室に向かうと叔母がこちらに駆け寄ってきてくれました。

すでに、地元の従妹たちが着いていたので人の手は足りているようですし、大きな設備でスタッフの方も十分に居るのでしょう、私達があたふたとする事無く段取りを進めてくれました。

ちょっと不思議だったのは、大きな建物という事もあるのか、他の葬儀のご家族とは顔を合わせることも無かったです。

スケジュールなどでなるべく他の家族と会わないように調整されているのかもしれません。

通夜、告別式、火葬まで同じ施設内で行われますので、移動が無い分高齢の親戚の方の負担も少なかったと思います。

火葬が済んで食事会をという事でしたが、仕事がありましたので、故人を偲びつつ大阪を後にしました。

実家のリフォームとフロアコーティング

少し早い里帰りで、どたどたと荷物を積み下ろし、リビングで一休みしようとしたら父がパンフレットを床に敷いて唸っています。

何事かと思ってそれを踏まないように奥のソファーへ移動しました。

母が言うには、昨日叔父(父の弟)の家に行ったそうなのですが、リフォームで新築のようになっていて、なにやら実家もリフォームしたくなったようです。

築25年くらいなので、まだそんなにガタは来ていませんが、叔父の家も同じ時期に建てた家なので、余計にそう思ったのかもしれません。

帰りの車で母が、リビングと向かい合わせのカウンターキッチンを褒めていたので、年明けにすぐ工務店にお願いしようという事になって、設備のパンフレットをたくさんもらってきたみたいです。

カーペット敷きの床をフローリングにするのですが、以前、テレビで見たガラス系のフロアコーティングをしてもらうために、専門業者を頼むというのでかなり本気だなと思いました。

DSC_0045

その特殊なグラスコーティングを施工している会社のショールームが埼玉県所沢市にあり、そこに来るタイミングを見計らって私もショールームへ合流、食事をして都内の観光地を案内しました。

さて、そんなわけで実家の工事が始まることになりましたが、リフォームも兼ねているのでかなりの日数がかかります。

水回り、キッチンの位置を変えるのでかなり大がかりな工事で、その期間中の何日かは叔父や姉夫婦の家に泊まる事にしたようです。

うちにも1泊して、その後両親は熱海温泉で2泊するとの事で母もとても喜んでいました。

両親が家に止まった時には姉夫婦が来てお酒を飲んでいたのですが、酔いが回って気が大きくなったのか「いっそのこと立て替えてしまおうかな。」と父が言いだしましたが、絶対に明日には悪れているんだろうなと思ってその様子を眺めていました。

それから1年が経過しましたが、昨年の幸い酔った勢いで家の建て替えまではしておりません(笑)

リフォーム後の最後の仕上げとして例の業者さんにフロアのガラスコーティングは施工してもらったようで家じゅうの床がピカピカです。

正月に姉夫婦の息子が思いっきりリビングでおもらし!離乳食ひっくり返し!テーブルに乗せていたジュース撒き散らし!など一通りの床汚しをしていましたが、本当に乾燥モップでさっと撫でるだけで汚れも残らず拭き取れていました。

普通のワックス系コーティングの場合、気合を入れてフローリングをピカピカにするとツルツルと油でも塗ったかのように滑るのですが、不思議な事にそれも無いのです。

わざと足を滑らせようとするとキュッとすべりが止まるのがわかります。

このガラスコートはあらゆる場所をコーティングできるという事で、本来新築の水回りなどに施工すると水垢知らずの最強状態になるそうなので、もし私は家やマンションを買う事が有ったら、ランニングコストも考えて新築時に全面コーティングをしてみたいと思っています。