カルチャー

There are 19 entries in this カテゴリー.

アニメを選ぶとき

私はアニメ放送が切り替わる3月末、9月末、12月末頃になると新アニメの情報を調べます。
最初はヤフーで「2017」など入力すると検索欄に「2017 アニメ」など出てくるので、そこから新作アニメについてまとめてあるサイトを探していたのですが、最近は『デカきたスケジュール』というサイトで新アニメに情報をチェックしています。

このサイトは新作アニメが画像と声優、OP、EDなど細かく掲載されています。

アニメ動画なら『パーフェクトアニメ』ですね。
ここは、トリーミングで放送終了分のエピソードのほとんどを見る事が出来ますから。

オンエアを録画できなかったものは動画を見て、DVDは気に入った場合にシーズン丸ごと大人買いします。

ちなみ私個人的には、アニメを選ぶときはまず絵で選びます。

「お!このデザインはなかなか気になるな」と思ったら公式HPに飛び、ストーリーをチェックします。

内容的に面白そうだなと感じたら録画します。
近未来的な内容、電脳世界など仮想世界的な内容、ミステリー的な内容はチェックする確率が高いです。

あとは、知っている漫画家さんがキャラデザに関わっていたりすると見ます。

家庭教師ヒットマンREBORN!が好きなのでPSYCHO-PASSを天野明先生がキャラデザという部分にひかれて見ました。

そうしたら内容も凄く魅力的で面白く、今では立派なPSYCHO-PASS好きになってしまいました。

なので好きなマンガ、アニメにかかわった人が製作に携わってる物もチェックすることがあります。

ペルソナ

「コスプレ」と言うと、一昔前は怪訝な顔をする方も多かったのではないでしょうか。
何かいかがわしい、破廉恥なイメージを持たれていたのはつい最近までのことだと思います。

しかし近年、アニメ・ゲームの流行、ハロウィーンでの仮装の習慣などから、じわじわとコスプレは浸透し始め、今では当たり前の文化のように扱われるようになりました。

ところで、人はなぜ「コスプレ」をするのでしょうか?

心理学の概念に「ペルソナ」というものがあります。

これはラテン語で「仮面」を意味し、カール・グスタフ・ユングという心理学者が提唱したものです。

その「仮面」の意味の通り、これは人間の外的側面のことで、いわゆる「外面(そとづら」。

心理学の世界では、一つのペルソナにずっと依存していると疲弊してしまうと研究もあります。

学校、職場、家庭と、人はそれぞれ「ペルソナ」を被り変えながら生活していっているのです。

「コスプレ」とは、自分の持ついくつもの仮面を捨て去る行為なのかもしれません。
そして代わりに、かわいらしい「お面」をつけるようなものなのではないでしょうか。

自分を捨て去り、アニメやゲームなどのコスプレ衣装を着て、キャラになりきってロールプレイをしてみたり、写真を撮ったり……。

好きな作品の世界に浸って、普段の自分を忘れられる。そんな憩いの時間なのかも知れません。

とかくストレスの多い現代人。
時にはコスプレをして、ストレスを解消するのも良い手ですよね。

「してみたいけど、なかなか恥ずかしくて……」。そんな方もたくさんいらっしゃると思いますが、一度自分を捨て去ってはっちゃけるのも楽しいのでは?

キャラクターのコスプレ

友人が大のディ○ニーファンです。

ファンというかささいなことでもなんでも知っているのでマニアです。

そんな友人と一緒に行ったとき、恰好がすご過ぎて待ち合わせしたときにびっくりしてしまいました。

とあるお姫様キャラクターのコスプレをしていたのですが、全身からメイク、髪型にいたるまで、そのお姫様キャラクターそっくりにしていました。

なんでもディ○ニーに行くときは、毎回好きなキャラクターのコスプレをしていくとのことでした。まず、コスプレのまま電車に乗れることに驚きました。いくら電車で家から遠くないと言っても、恥ずかしくないのかと聞くと、むしろ見てほしいそうです。

コスプレをする人の心理がわからないのですが、やはり自慢のコスプレを見せびらかしたいのでしょうか。

もし自分がコスプレで電車に乗るとしたら、考えただけで恥ずかしくできません。

そして、そのコスプレの衣装が半分手作りだということにもびっくりしました。

コスプレ通販サイトで似た様なファンタジー系のドレスを購入して、それをベースに目的のお姫様衣装にリメイクするのだそうです。

地道に時間をかけて作っているそうですが、その作る工程もまた楽しくて仕方ないそうです。とうてい理解できないのですが、その根性は立派だと思いました。

そこまで夢中になれるものがあるなんてちょっとうらやましくも思いました。

大きなホールでの発表会

娘が通っていた学校は、和気あいあいとした雰囲気ですが、特に音楽に力をいれていて、秋には大規模な音楽発表会を開催していました。

場所は大きなホールを借りて、地元のアナウンサーを司会にしているので、すごく本格的で驚きました。

発表会ドレスを用意したほうが良いのか迷いましたが、先生がドレスをそろえられない方もいるのでと言う事で制服になりました。

娘は歌を歌うことは好きなので、大きな口を開けて笑顔で歌っている姿に感激しました。
ステージでは緊張している様子が伝わってきましたが、一生懸命歌っていて、見ている私も緊張してしまいました。

客席には保護者が沢山きていて、ビデオやカメラを構えているので余計に緊張したんだと思います。

歌の次は楽器でので演奏があります。

娘は最前列の真ん中でハーモニカを演奏し、しっかりとした指使いで完璧な演奏が出来ました。

本当に嬉しかったです。

この経験は、娘にとって大きな自信になり、顔つきも変わったと思います。

大勢の観客の前で発表会が出来て本当によかったと思います。

発表会のDVDが発売されることになったので、自宅用とじじばば用に買いました。

娘も嬉しそうにDVDをみて、自分の演奏している姿や周りの様子を見入っていました。

本当にいい思い出が出来ました。

次はいとこの発表会があるので、その時は応援に行きたいなと思いました。

恋愛の悩みを抱えて

私が占いの先生に相談したのは、ちょうど彼が、浮気をしているのではないかと疑った時です。

彼との付き合いは約半年だったのですが、付き合い当初からモテる人だったのでかなり心配をしていました。

でもやはり疑いが消えなくて、その疑いのまま彼と付き合って行くことは無理だと感じて、以前から相談をしていた当たると有名な福岡の占いの先生のところへ行ってみたのです。

その先生のところに行くのは、2回目でした。私はやはり恋愛の悩みを抱えていた時に、先生のところに行って相談をしたことがあったのです。

先生の占いは、フーチという不思議な振り子のようなものを使った方法でしたが、はじめての相談の際に噂のoリングテストというのをしたのが印象的でした。

私は真面目な性格で、1人の人とじっくり付き合いたいと考えるタイプなのですが、彼を見てもらうと、彼は八方美人タイプでお調子者。
そのために、真剣に考えていると捉えられないこともあるけれど、彼は彼なりに、付き合い方を一生懸命考えてしているので、彼のことを信じてついて行ってもいいのではないかというアドバイスをもらいました。

まあ、後ここにはかけないですが、すごく具体的な解決方法を書いた処方箋を受けとり、それを実践する事にしました。

私はそのアドバイスを聞いて、迷いがなくなりましたね。

彼のことは大好きだったので、彼を信じようと思ったのです。

その時に先生のアドバイスを聞いてよかったと思っています。その後彼との関係はうまくいったからです。