ファッション

There are 8 entries in this カテゴリー.

春の大人かわいいコーデ

私はアパレルブランドのRadyが大好きです。

Radyはモデルの武藤静香(ブログ)さんがデザインする大人かわいいギャルファッションです。

今も春のお洋服をネットでチェックしていますが、気軽に季節感を取り入れるならトップスを変えるのがお財布にも優しいですよね。

冬から春に気分を変えたいなら、ニットから春らしいカットソーがいいんじゃないかと思います。

大人かわいいアイテムがそろっているRadyでも、着になるのは春トップスです。着回ししやすそうなトップスがいろいろあって迷ってしまいそうです。

ぱっと目をひいたのはマリンなテイストで夏を感じさせてくれる、春~夏まで長く着られそうなボーダートップスです。

「しゃりしゃりボーダーリブトップス」というアイテムで、しゃりしゃり、というのが珍しいですね。しゃししゃり感があるそうで、リブデザインも今のトレンドですよね。

リブって着やすいし、どんなボトムスにもあいやすいんです。胸元にゴールドボタンがついているので、普通のボーダートップスと差をつけられるのが嬉しいですね。白のボトムスにあわせてももちろん似合いますし、春のトレンド色、淡いピンクのスカートやワイドパンツにあわせても可愛いんじゃないでしょうか。

あと、これ一枚で女子力あがりそう!と思ったのが「ビジューネックフリンジポンチョ」です。

裾のフリンジがトレンド感がありますし、ビジューがネックラインを女性らしく彩ってくれていて、デートコーデにもぴったりです。

バンド活動

私は以前、某ロックバンドに憧れて仲間とバンドを組んでいました。

本格的に毎月活動していたため、自分で言うのもおかしいかもしれませんが、そこそこの人気があったバンドでした。

今はお互い本業の仕事が忙しくなかなか集まれないために休業状態ですが、また近々集まって音楽をやりたいと考えております。

その音楽活動に欠かせないのがやはり表面的なイメージ作り、特にロックバンドやビジュアル系は見た目をいかに工夫できるかが実は音楽よりも重要になってくる時もあります。

髪型や服装ももちろんですが、欠かせないのがジュエリーの存在、特に私たちは完全なロック系でしたので少しインパクトがあるジュエリーはとても重要なアイテムでした。

そんな私たちが愛用していたのが、「CRAZY PIG」というブランドです。

特徴はなんといってもスカル系のデザイン、あまりにも奇抜なデザインで好き嫌いはハッキリわかれるでしょう。

しかし、私たちにとってCRAZY PIGはインパクトを高めるための必需品、リング、ペンダント、ネックレスなどを全て揃えるだけでバンドとしての見た目のインパクトはかなり大きくなります。

最近は海外の有名ミュージシャンのちょっとしたジュエリーや時計などをチェックしていますが、高級ブランドの腕時計(DUNAMISなど)をジーパンTシャツ姿に合わせているセレブなどはマネをしようとしてもちょっと経済的に無理ですね。

最近の子供服

最近の子供服は大人顔負けのトレンド感漂うデザインが多いですね。

女の子の服は、まるでファッション雑誌から出てきたようなものですし、男の子だってかなり小さいサイズから大人びた形になっています。

どれも子供に着せたくなってしまうのですが、流行りのデザインには問題点も。

「子供が一人で着にくい」ということです。

小学校高学年にもなればそんな事もないのでしょう。

しかし幼稚園から小学校低学年のうちは、まだ完ぺきに脱ぎ着が出来ない場合もあります。というのも、最近のデザインはどれもこれもタイトなのです。

体にフィットしているデザインは、着るのはまだしも脱ぐ時が大変。

おまけに重ね着も流行しているので、何枚も脱がなければいけないこともあります。やはり普段子供に着せる服は、シンプルで脱ぎ着しやすいものが一番でしょう。

それから子供と言うのはとにかく服を汚しがち。ですから「洗いやすい」というのも子供服には重要です。乾きやすいのはもちろん、色落ちしない、型崩れしにくいのも良いですね。どんなに可愛い服でも、一度洗ったら「色が落ちた!」「毛玉だらけ!」というのでは困ります。

特別な日はともかく、普段子供に着せる服は、親も子供自身も手がかからない事。それに尽きるような気がするのです。

家では子供が二人になってからは、かわいい子供服をレンタルしてくれるインターネットのシェアサービスを利用するようになりました。

毎月新しいデザインの洋服を着せることが出来るし、ちょっとラフでスポーティーな服も試しに来てもらって好みの幅を広げてみようなと思ったからです。

スポーティー系の子供服を着てからは、遊ぶ時に楽なのがわかったのか、服装の趣味も変わってきたように思います。

改めて和装をして

祖母が和服を仕立てるのを趣味としていたので、孫である私には幾つかの着物を用意してくれていいました。

ただ申し訳ないと、今になって思うのですが、若いときは着物の窮屈さに耐えられず、結局それらは成人式で振袖に1回袖を通したのと、礼法の授業で着付けがある時に、数回利用しただけになってしまいました。

それから時がたって結婚が決まり、和装の前撮りで久しぶりに和服を着てみると、行動が落ち着いたこともあるのだろうけど、和服は意外と窮屈なものではありませんでした。

もちろん走り回ったり、動き回ったりするのは洋服のほうが楽なのだけど、何かの記念事などに出席をした際に、背筋を伸ばして長時間姿勢を崩さぬようにする場合、和服は帯がコルセットの代わりをしてくれるのか、かなり無理が無くその体勢が維持できる事に気が付きました。

また洋服の場合、TPOを考えてどの着こなしをどう組み合わせるかなどを考えなくてはいけないけれど、着物の場合喪服礼服、訪問着とそれぞれにあった目的で着るのならば、それほど迷わなくて済むのは、便利なように感じました。

祖母が元気でいるうちに、祖母の作ってくれた着物をもっと着こなして、お礼を言いたかったなと今となっては思うのだけれど、せめて自分の子供の代には、着物の意外な便利さをきちんと伝えておきたいと思います。

ドレスのレンタル

私は普段の服装が思いっきりカジュアルなので、大学時代からサークルイベントとか、フォーマルなドレスコードの時にいつも苦労していました。

元から、コンサバというか、今でいうゆるふわ系の子は、結構普段の服装で使いまわしできるのですが、基本スニーカー、パンツ、T シャツかカットソーというお色気ゼロの私の場合、いわゆる「全取っ替え」です。

これ、友達に借りるのも結構気を使うし、クリーニングしてお礼に何かプレゼント買って一緒に返すと結構な出費になります。

結局学生時代は3 着くらいドレスを買う羽目になったのですが、正直1 回来たらもう一度同じのってなかなか着ないんですよね。

これがOL になったらなったで、社内イベントの打ち上げなんかでドレスアップしますし、たまに旧友の誘いでパーティーに行ったりするときも苦労しています。

社会人になって親元を離れてみると、何着もドレスを持って、ビジネススーツも揃えて、私服もって…そんな余裕は(少なくとも私には)ありません。

同期の子に一度相談をしたら、なんとみんなドレスやワンピースはレンタルで借りてるんだそうです。

私も貸衣装屋さんは何度か利用したことはありますが、インターネットの方は種類も豊富で値段もずっと安かったことに驚きました。

例えば、私が教えてもらった DRESS SHARE というドレスレンタルのサービスですが。
ドレスだけなら4900 円均一で、アクセサリー諸々のフルセットでも1 万円以下。

素敵だし、デザインも新しい事、わかりますよね?

このくらいの出費で、すごくかわいい衣装を借りられるならもう余裕♪
今では、「年末も近いし、早くイベント予定立たないかな~」とか思っています。