ホーム&ファミリー

There are 24 entries in this カテゴリー.

大きな斎場

親戚の葬儀で大阪に向かいました。

子供のころ以来、大阪の親戚に家には遊びに言っておりませんでしたが、地元で毎年顔を合わせており、つい今年の年始も元気そうだったので急な不幸に驚きました。

場所は大阪市立北斎場との事でしたが、仕事で梅田までは頻繁に訪れていましたのでそこから天六駅へ移動し下車、グーグルマップを見ながら少し歩くと大きな斎場の建物が見えました。

駐車場にはバスが2台と待っていましたが、それでもかなり余裕があるスペースです。
おそらく100台近く止まれる規模でしょう。

斎場の控室に向かうと叔母がこちらに駆け寄ってきてくれました。

すでに、地元の従妹たちが着いていたので人の手は足りているようですし、大きな設備でスタッフの方も十分に居るのでしょう、私達があたふたとする事無く段取りを進めてくれました。

ちょっと不思議だったのは、大きな建物という事もあるのか、他の葬儀のご家族とは顔を合わせることも無かったです。

スケジュールなどでなるべく他の家族と会わないように調整されているのかもしれません。

通夜、告別式、火葬まで同じ施設内で行われますので、移動が無い分高齢の親戚の方の負担も少なかったと思います。

火葬が済んで食事会をという事でしたが、仕事がありましたので、故人を偲びつつ大阪を後にしました。

実家のリフォームとフロアコーティング

少し早い里帰りで、どたどたと荷物を積み下ろし、リビングで一休みしようとしたら父がパンフレットを床に敷いて唸っています。

何事かと思ってそれを踏まないように奥のソファーへ移動しました。

母が言うには、昨日叔父(父の弟)の家に行ったそうなのですが、リフォームで新築のようになっていて、なにやら実家もリフォームしたくなったようです。

築25年くらいなので、まだそんなにガタは来ていませんが、叔父の家も同じ時期に建てた家なので、余計にそう思ったのかもしれません。

帰りの車で母が、リビングと向かい合わせのカウンターキッチンを褒めていたので、年明けにすぐ工務店にお願いしようという事になって、設備のパンフレットをたくさんもらってきたみたいです。

カーペット敷きの床をフローリングにするのですが、以前、テレビで見たガラス系のフロアコーティングをしてもらうために、専門業者を頼むというのでかなり本気だなと思いました。

DSC_0045

その特殊なグラスコーティングを施工している会社のショールームが埼玉県所沢市にあり、そこに来るタイミングを見計らって私もショールームへ合流、食事をして都内の観光地を案内しました。

さて、そんなわけで実家の工事が始まることになりましたが、リフォームも兼ねているのでかなりの日数がかかります。

水回り、キッチンの位置を変えるのでかなり大がかりな工事で、その期間中の何日かは叔父や姉夫婦の家に泊まる事にしたようです。

うちにも1泊して、その後両親は熱海温泉で2泊するとの事で母もとても喜んでいました。

両親が家に止まった時には姉夫婦が来てお酒を飲んでいたのですが、酔いが回って気が大きくなったのか「いっそのこと立て替えてしまおうかな。」と父が言いだしましたが、絶対に明日には悪れているんだろうなと思ってその様子を眺めていました。

それから1年が経過しましたが、昨年の幸い酔った勢いで家の建て替えまではしておりません(笑)

リフォーム後の最後の仕上げとして例の業者さんにフロアのガラスコーティングは施工してもらったようで家じゅうの床がピカピカです。

正月に姉夫婦の息子が思いっきりリビングでおもらし!離乳食ひっくり返し!テーブルに乗せていたジュース撒き散らし!など一通りの床汚しをしていましたが、本当に乾燥モップでさっと撫でるだけで汚れも残らず拭き取れていました。

普通のワックス系コーティングの場合、気合を入れてフローリングをピカピカにするとツルツルと油でも塗ったかのように滑るのですが、不思議な事にそれも無いのです。

わざと足を滑らせようとするとキュッとすべりが止まるのがわかります。

このガラスコートはあらゆる場所をコーティングできるという事で、本来新築の水回りなどに施工すると水垢知らずの最強状態になるそうなので、もし私は家やマンションを買う事が有ったら、ランニングコストも考えて新築時に全面コーティングをしてみたいと思っています。

賃貸物件の賢い探し方

賃貸物件はとても多く、新しい物件から古い物件までさまざまです。

もちろん新しい物件は最新の機器やシステムが導入されている事が多く、便利で使いやすいのですが、家賃が高い、競争率が高いという事があります。

反対に古い物件は給湯器や水道の形、全体の雰囲気など全てが古い場合が多いのですが、家賃が安い、物件によっては内装のリフォーム可能なものもあり、目的によってはどちらも大きなメリットが感じられると言えるでしょう。

賃貸物件を探す場合は、やはり自分が便利だと感じる場所、住みやすいと感じる地域を選ぶ事が大切です。

例として、ネットで 武蔵境 賃貸 とか検索すると大手不動産サイトが出ると思います。
しかし、私ならここで武蔵境に事務所がある不動産屋の直営サイトを探します。

今ためしにGoogleで見た限りだとこの周辺なら武蔵野赤十字病院のすぐ近くに賃貸物件を豊富に扱う不動産屋があり、こちらに直接問い合わせた方が良いのです。

もちろん手数料はいくつ業者を仲介しても変わりませんが、地域の事を良く知る担当者と直接話した方が早いという事です。

賃貸物件探しの際、部屋の下見は必ず行いましょう。その時にトイレの扉が開く方向や玄関の広さ、洗濯機を置く場所、水まわりなどをしっかりと確認しておきます。

玄関の広さは、現在住んでいる部屋にある家具を搬入できるかどうかを確認するのに大切ですし、トイレの扉の開き方や洗濯機の場所の確認は、もし災害などが起こって洗濯機が倒れた時やトイレに閉じ込められてしまった場合、脱出ルートの確保ができるかどうかなども考えておく必要があるからです。

全てが満足できる構造の賃貸物件はなかなかありませんが、できるだけ多くの物件を見て回り、一番納得できる物件を借りるようにしましょう。

マンションの売却

2年前に、自宅マンションを売却しました。

きっかけは「持ち家・マンションなど不動産の売却は、一括査定サイト・不動産売買情報サイトで相場を調べて最高値で売ろう!」というネット記事を読んだことで、私の実家近くに引っ越そうかなぁと、話を聞くだけのつもりで不動産会社に電話をしました。

話だけでも良いので一度訪問したいということになり、自宅に来てもらうことに。

すると様々な資料を持参していました。マンションの評価額、マンション内ですでに売却された家のデータ、売却額で決められそうな実家周辺の物件情報など。

話だけのつもりでいても、リアルな金額や情報を目にすると、急に現実味を帯びてきました。

1円でも高く売るなら早い方が良い、そんな当たり前の言葉さえも、様々なデータを目の前にすると、そうだよね!という気分に。そんな気分を見透かされたかのように、「反応を見るために、オープンハウスしてみましょうか?」と。反応は見たかったので、あまり深く考えず開催しました。

当日、マンションエントランス前に看板が。〇〇〇号室オープンハウス中! オートロックのため、インターホンの横には、〇〇〇号室と押してくださいという案内表示。ご近所さんには一切話していなかったので、それですべて公の元のさらされ、もう売るしかないと思ったことをよく覚えています。

当然の流れなのかもしれませんが、話だけ~から、あっという間に売却までもっていかれ、不動産会社お見事ですね。

3人の子育て

家には3人の子どもがいます。

その上、フルタイムで働いているので、毎日の生活の中でベビーシッターさんがいたらなぁと思うことは沢山あります。

子どもをお風呂に入れるときや、ひとりの宿題を見ている時にもうひとりが呼んでいる時、一番下の赤ちゃんが泣いている時などです。

その中でも、一番ベビーシッターの必要性を感じるときは、やはり子どもが病気の時です。

フルタイムでしかもシフト制の勤務なので、出勤日に急に休むことが難しいのですが、発熱時や感染症の場合、今の日本のシステムでは親が休む以外に預かってもらえる場所は至極少ないのが現実です。

病児保育も、市に数個しかなかったり、ファミリーサポートさんも病気の時はダメだったりするのです。

それでベビーシッターさんの登録を考えたことが何度かあります。
色々調べてみると、病気の時でも預かってもらえるベビーシッターの会社も存在していたので、有りがたいなと思いました。

幸い、うちの子どもは皆、身体は強い方であまり発熱もなかったので結局検討しただけ
でしたが、こういう方法があるということを知っているだけでも仕事と子育てを両立するうえで強い励みになりました。

3番目はまだ赤ちゃんですので、これからどうなるか分かりません、思ったより身体が弱い子だったらベビーシッターさんにお願いすると思います。